遺伝子ワクチン

医師と科学者たちが欧州医薬品局に提出した「遺伝子ワクチンの承認停止要請の請願書」の内容に見る「本当の危険性」。その書簡の全文

新潟大学名誉教授が訴える「新型コロナワクチンの危険性」の内容。これらのワクチンの身体への不安な影響は、場合により「永続的」に続く

ペンシルベニア大学からの論文(2020年12月)。mRNAワクチンは安全性が確立されておらず、危険性も未知で臨床試験も充分ではない未確立の治療法である。現段階でヒトに臨床応用する事は問題である。

コロナ第三波あるいは四波が「ADE(再感染時の感染増強)による修羅場になる」という予測が台頭する中、アメリカ外科医協会の前会長が「このワクチンは生物兵器だ」と非難

厚労省HP: 新型コロナワクチン:厚生労働省の新型コロナウイルスワクチンに関するホームページ。

PFIZER AND BIONTECH CONCLUDE PHASE 3 STUDY OF COVID-19 VACCINE CANDIDATE, MEETING ALL PRIMARY EFFICACY ENDPOINTS:米国製薬会社(ファイザー)の新型コロナウイルスワクチンに関するホームページ。

コミナティ筋注 :コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS- CoV-2)

コミナティ筋注(コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン:ファイザー株式会社) 審議結果報告書 -厚生労働省 令和3年2月12日

月刊アンダーワールド11月号:堤未果・高橋徳のコラボ『コロナの遺伝子ワクチン』

DR. CARRIE MADEJ ON THE DANGEROUS COVID-19 VACCINES:米国女性医師の新型コロナウイルスワクチンに対する告発。

最も重要なCOVIDワクチンビデオ」 世界医師連盟:世界の医師たちの新型コロナウイルスワクチンの考え。

RUIN ワクチン: ワクチン接種を必ず阻止する

ドクター徳のいきいき健康チャンネル

『ワクチンの功罪 』:新型コロナウイルス(COVID-19)に対するワクチンの開発が急ピッチで進んでいる。コロナワクチンをめぐって、日本政府はアメリカやイギリスの大手製薬会社と1億2千万人分の供給を受けることで基本合意した。しかしながら、ワクチンの安全性やその有効性などを吟味しながら、個人個人が接種の可否を冷静に判断する必要がある。ワクチンに関する基礎的な背景を説明した。

『コロナウイルスのワクチンについて』:多くの利点があるとの事由から、新型コロナウイルスに対するワクチンは従来の「鶏卵法」ではなく「遺伝子法(DNA法・RNA法)」で製造される可能性が高い。遺伝子法では異質な遺伝子(コロナウイルスの遺伝子)が病気でもない健常人に、ワクチンとして注射されます。このワクチンを打ったら『効いた・効なかった』のレベルではないかもしれない。私たちの体質が、外から投与された遺伝子によって、変わっていく可能性が懸念されています。

『新型コロナの遺伝子ワクチン』臨床試験の観察期間はせいぜい数十日の間に重篤な副作用がなかったことを検証するに過ぎない。数か月後・数年後の体の異変については全く研究されないまま投与されることになる。今後開示される種々のワクチン情報を吟味し、個人個人がその接種の可否を冷静に判断する必要がある。他人事では済まないのだ。

『おしえて、とく先生!! コロナワクチンって、なーに?』:コロナワクチンは人類初の遺伝子ワクチン。人間がコロナちゃんになっちゃうよーー

『新型コロナワクチンの副反応』新型コロナワクチンは遺伝子ワクチン。海外で接種が始まり、さまざまな副反応や死亡例が報告されている。接種は強制ではない。

『新型コロナのワクチン』新型コロナのワクチンは遺伝子(m R N A)ワクチン。接種後2―3日以内の短期間の副作用(副反応)としては、頭痛・発熱・悪寒などの感冒様症状がかなりの高頻度(30−50%)で見られている。重篤なアナフィラキシーの出現も問題視されている。一方で、接種後数ヶ月―数年の長期間の副作用については、全く解明されていない。長期にわたる遺伝子(m R N A)ワクチンの副作用の可能性とその危険性について考えてみた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。